関西のお笑い演芸・演歌・大道芸人・大型LEDビジョントラックの事ならお任せ下さい。

私、若井ぼんがマイクロソフト社「シニアアクティブ推進計画」副座長就任。

マイクロソフトは11月9日、シニア層向けICT(Information & Communication Technology)利活用の推進に向けた新しい施策「アクティブシニア推進計画」を発表した。この取り組みは、同社が推進している企業市民活動の取り 組みのひとつ。ICTの利活用により日本社会に貢献することを目指している。

アクティブシニア推進計画は、アクティブシニアがICTを使いこなすことで、デジタル時代を豊に、生きがいを持って暮らせるようにするためのマイ クロソフトの新しい取り組み。政府や自治体、シニア支援団体、パートナー企業、NPOなどのパートナーと協力することで、必要なサポートを提供する。

ボードメンバーは、独立行政法人メディア教育センター理事長の清水康敬氏を座長に、ジャパネットたかた代表取締役社長の高田明氏、お笑い芸人でNPO法人 笑集会 代表の若井ぼん氏など8名で構成されている。

来日中のMicrosoft最高経営責任者(CEO)、Steve Ballmer氏は、「長寿化で社会と関わりを持つ期間がより長くなってきた。私の父も高齢化と共に難聴を患ったが、PCを使ってチェスをすることで、仲 間とのコミュニケーションを楽しんでいた。我々は、全国IT推進計画で8000社以上の中小企業にコミュニケーションの場を提供した実績がある。この経験 を生かし、アクティブシニア向けの取り組みにも貢献できるだろう」と語った。

「営業で佐渡島に行って、インターネット放送を体験した。PCの習得までには悪戦苦闘したが、多くのことを学んだ。PCは機械にすぎないが、その両端には 人がいて、人と人のコミュニケーションがある。インターネットには無限の可能性を感じた」と話し、会場を笑わすことも忘れなかった若井ぼん氏。

YouTube Preview Image

元記事 ZDNet Japan
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:AjCIbj3yO9EJ:japan.zdnet.com/cio/analysis/20360727/+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance